ギター初心者が楽しくコードを覚える方法!たった1曲弾くだけ

Pocket

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

ギターを始めたら、まずは曲が弾きたくなります。

コードがスラスラ押さえられれば、好きな曲を自由に弾くことができるので、ギターの楽しさが一気に広がります。

しかし、ギターのコードは、数が多くてなかなか覚えられません。

そこでこの記事では、初心者が楽しくギターを弾いているだけで、コードを自然に覚えてしまう方法を紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 アイキャッチ画像

コードの覚え方は3通りあります。

  1. 曲を弾きながら覚える
  2. コードの形で覚える
  3. 理論を学んで覚える

最も楽しく、そして確実にコードを覚えるには、1→2→3の順に学ぶのがベストです。

ギターを始めたのにギターを弾かず、「まずはコード理論を学びましょう」と言われても、楽しくないと思います。

また、「コードの形は2つあって、Eの形はこれ、Aの形はこれです。」と説明されても、何のことかわかりません。

やはり、初めは曲を弾きながらコードを覚えるのがいいのです。

ある程度コードを覚えると、コードの形が似ていることに気づきます。すると、自然な流れで次のステップ「2.コードの形で覚える」に進めます。

そして、コードのことをもっと深く知りたいと思うようになったら、コード理論を学べばいいのです。

たった1つの練習曲を繰り返し弾く

ギター初心者が楽しくコードを覚えるやり方は、『たった1曲だけを繰り返し弾く方法』です。ただ曲を弾いているだけで、自然と多くのコードを覚えてしまいます。

弾く曲はたった1曲、小学校の音楽の時間に歌った「故郷(ふるさと)」です。この曲は、4つのコードで弾くことができます。

たった4つしか覚えられないのかと思うかも知れませんが、これから説明する方法でギターを弾いていれば、最終的には18個のコードを覚えることができます。

<「故郷」で覚えられるコード一覧>

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 コード一覧

<各コードの押さえ方>

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 各コードの押さえ方1
ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 各コードの押さえ方2
ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 各コードの押さえ方3

「C・D・E・F・G・A・B」7種類のコードを網羅しているので、あなたが好きな曲のほとんどをギターで弾けるようになります。ぜひ楽しみながら実践してください。

それでは、やり方を解説していきます。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

たった1曲を弾いているだけで、多くのコードを覚えられるのには秘密があります。1曲を4種類のKey(キー)で弾くのです。

Keyについての詳しい説明はここではしませんが、Keyとは音の高さだと思ってください。カラオケで自分の声の高さに伴奏の高さを合わせるとき、「キーを上げる」「キーを下げる」といいますが、このことでKeyについてイメージできるでしょう。

具体的な4種類のKeyは「G、D、C、A」です。Key-Gから順番に弾きます。

この4つのKeyで「故郷(ふるさと)」を弾くと、18種類のコードを覚えることができます。

Key-GとKey-Dで使われるコードは、全てオープンコードです。オープンコードとは、弦を押さえない音(開放弦)を使ったコードで、ローコードともいいます。比較的簡単なコードなので、初心者に適しています。

Key-CとKey-Aで使われるコードには、FコードとBm(Bm7)コードがあります。これらのコードはバレーコードといわれ、人差し指で6本あるいは5本の弦を押さえる(セーハする)ので、キレイに音を出すのが難しいコードです。

バレーコードはギターを挫折する原因にもなっている難しいコードです。ですから、初めのうちは無理をせず、オープンコードがスラスラ弾けるようになってから挑戦してもいいでしょう。

FコードとBmコードの押さえ方については次の記事で解説していますので、必要に応じてご活用ください。

ギター初心者でもFコードで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ギター初心者でもBmで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

右手の弾き方は、全てダウンストロークです。6弦から1弦に向かって、ジャラーンと弦をはじきます。指で弾いても、ピックを使っても構いません。

初めのうちは、サンプル音源のように、コードが変わったときにダウンストロークを1回します。

左手のコード変更と右手の動きに慣れてきたら、ダウンストロークの回数を増やします。「故郷(ふるさと)」は3拍子の曲なので、1小節に3回ダウンストロークをします。

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 ストロークパターン

曲の中に省略できるコードがあります。3・7・15小節目にあるコードです。コード譜に「省略可」と書いています。

初めのうちは省略して弾きます。そして、左手のコード変更に慣れてきたら、省略せずに弾きましょう。素早くコード変更をする練習になります。

それでは、実際に楽譜を見ながら弾いていきます。テンポの違うサンプル音源を2種類つけていますので、合わせて弾くことをオススメします。

なお、サンプル音源では「省略可」のコードの音も出ます。

Key-G[G C D D7 Am Am7]

(1)コード譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 G コード譜

(2)五線譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 G 五線譜

(3)サンプル音源[テンポ60]

(4)サンプル音源[テンポ80]

※サンプル音源はスピーカーから音が出ますので、ボリュームに注意してください。

Key-D[D G A A7 Em Em7]

(1)コード譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 D コード譜

(2)五線譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 D 五線譜

(3)サンプル音源[テンポ60]

(4)サンプル音源[テンポ80]

※サンプル音源はスピーカーから音が出ますので、ボリュームに注意してください。

Key-C[C F G G7 Dm Dm7]

(1)コード譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 C コード譜

(2)五線譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 C 五線譜

(3)サンプル音源[テンポ60]

(4)サンプル音源[テンポ80]

※サンプル音源はスピーカーから音が出ますので、ボリュームに注意してください。

Key-A[A D E E7 Bm Bm7]

(1)コード譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 A コード譜

(2)五線譜

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法 A 五線譜

(3)サンプル音源[テンポ60]

(4)サンプル音源[テンポ80]

※サンプル音源はスピーカーから音が出ますので、ボリュームに注意してください。

まとめ:ギター初心者が楽しくコードを覚える方法!たった1曲弾くだけ

ここまで、初心者が楽しくギターを弾いているだけで、コードを自然に覚えてしまう方法を解説してきました。

弾く曲は1曲「故郷(ふるさと)」ですが、4つのKey(キー)で弾くことで18個のコードを覚えることができます。

Key-G[G C D D7 Am Am7]
Key-D[D G A A7 Em Em7]
Key-C[C F G G7 Dm Dm7]
Key-A[A D E E7 Bm Bm7]

ここにある18種類のコードを覚えれば、あなたが好きなほとんどの曲を自由に弾くことができます。

ぜひ実践してください。

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ギターのコードダイアグラム!読み方と記号や数字の意味

五線譜の読み方!音符と休符、記号と調号の意味・由来

ギター初心者がコードを効率的に覚えるための方法とコツ

ギターコードの読み方!アルファベットや数字の意味と役割

ギターの才能やセンスとは?才能がある人はどんな人か?


ミドルシニアのギターサークル ▼ K on Pickでは、無料のギターレッスンを行っています。

レッスンの教材は、あなたが弾きたい曲の【専用楽譜】と【模範演奏動画】です。

他にはない画期的なレッスンを受けてみませんか?

詳しくはコチラ↓

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

特別レッスン一覧

【あなた専用の楽譜と模範演奏動画】▼ K on Pick ギター塾

【超初心者が弾き語り】約1ヶ月間の無料動画レッスン

【悪いクセがつく前に】全11回ギター上達のコツ無料動画レッスン

【カノンで学ぶギタテク8選】無料動画レッスン

【ソロギターのテクニック8選】無料動画レッスン