ギター初心者でもBmで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

Pocket

Bmコード キャッチ画像

「ギターを挫折してしまうコードは?」と聞かれたら、まずは『Fコード』、次が『Bmコード』と答えるのではないでしょうか。

Fコードと同じようにBmコードも多くの曲で使われるのですが、ギターを始めたばかりの初心者にとっては難しいコードです。

しかし、FやBmコードを克服すれば弾ける曲が一気に増えるので、その後のギター人生の可能性が広がります。

そこでこの記事では、初心者が苦労するBmコードについて、克服法や押さえ方のコツを解説します。

ぜひ最後までお読みください。

なお、「Fコードの克服法や押さえ方のコツ」は、ギター初心者でもFコードで挫折しない!克服法と押さえ方のコツで解説しています。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

克服法を知ればギター初心者でもBmで挫折しない

 Bmコードのように、6本の弦を1本の指で押さえるコードを「バレーコード」といいます。また、複数の弦を1本の指で押さえることを「セーハ」するといいます。「バレー」と「セーハ」は、ほぼ同じ意味で使われます。

Bmコードは、他のコードに比べて押さえるのが難しいので、きれいな音が出ないのが嫌になってギターをやめてしまう人もいます。

そこでまずは、ギターを始めたばかりの初心者が、Bmコードで挫折しないための克服法を紹介します。

・Bmの代理コードを使う
・Bmの代用コードを使う
・押さえやすいコードフォームを選ぶ

それぞれ解説します。

Bmの代理コードを使う

Bmコードを克服する第一の方法は、Bmコードを別の和音のコードに変えてしまう方法です。このコードのことを「代理コード」といいます。

Bmの代理コードは、Dコードです。下の画像にはBmと書いてありますが、コードフォームはDコードです。

Bmの代理コードD

×がついている5・6弦は弾きません。

Bmの和音は「シ・ファ♯」ですが、Dは「ファ♯・ラ」なので2つの音が同じです。Bmが出てきたら、代理コードであるDコードに変えてしまいましょう。

そうすることで、音が出ないとか、押さえられないという悩みから解放され、気持ちよくギターを弾くことができます。ぜひ試してください。

Bmの代用コードを使う

代用コードとは、本来の和音とは少し違う響きになるコードのことです。コードフォーム(押さえ方)がBmコードに比べて簡単なので、押さえやすくなっています。

代用コードを使えば、難しいBmコードを押さえなくてもいいので、ストレスなく曲を弾くことができるというメリットがあります。

代用コードは本来のBmコードとは1〜6弦の音の並びが違うので、若干の違和感はあります。

しかし、代用コードの方が原曲の雰囲気に近いこともあるので、Bmコードが苦手なうちは積極的に代用コードを使うことをオススメします。

代用コードばかりを使っていては、いつまでたってもバレーコードができないのではないかと不安になるかもしれませんが、その心配はありません。

代用コードはBmコードの形に似ているので、しだいに押さえ方のコツをつかんで、いつの間にかBmのバレーコードが押さえられるようになるからです。

Bmの代用コード[レベル1]

Bm代用コード[レベル1]

×がついている5・6弦は弾きません。

人差し指・中指・薬指を使って押さえます。5・6弦は音を出さないようにします。

Bmコードの各弦の階名は低い方から「・ファ♯・シ・レ・ファ♯」ですが、この代用コードの階名は「シ・レ・ファ♯」です。和音は全く同じですが、ベース音が「レ」になっているので、Bmコードと比べると少し違うコードに聞こえます。

Bmの代用コード[レベル2]

Bm代用コード[レベル2]

×がついている5・6弦は弾きません。

代用コード[レベル1]に小指をプラスします。5・6弦の音は出さないようにします。

Bmコードの各弦の階名は低い方から「・ファ♯・シ・レ・ファ♯」ですが、この代用コードの階名は「ファ♯シ・レ・ファ♯」です。和音は全く同じですが、ベース音が「ファ♯」になっているので、Bmコードと比べると少し違う響きになります。

この代用コード[レベル2]が押さえられるようになれば、Bmコードの習得は間近です。

Bmの代用コード[番外]

Bm代用コード[レベル3]

×がついている1・6弦は弾きません。

Em7コードと全く同じコードフォームですが、1・6弦を弾かないのでEm7とは違う響きです。

Bmコードの和音は「・レ・ファ♯」ですが、この代用コードは「・レ・ソ」で、2つの音が同じです。

この代用コードは、アルペジオ演奏(1音ずつ弾く)やソロギター演奏(メロディーと伴奏を一人で弾く)のときに真価を発揮すると覚えておいてください。

3通りの押さえ方があります。

 (1)人差し指・薬指
 (2)人差し指・小指
 (3)中指・小指

押さえやすいコードフォームを選ぶ

Bmコードのコードフォーム(押さえ方)は3種類あります。人差し指で1〜6弦をセーハするコードフォームだけではありません。

3種類のうち、押さえやすいコードフォームを選べばいいのです。

代用コードが簡単に押さえられるようになったら、挑戦してみましょう。

1〜5弦セーハのフォーム

完全なBmコード(1〜5弦セーハ、6弦ミュート)

×がついている6弦は弾きません。

Bmコードの基本的なコードフォームです。

代用コード[レベル2]の人差し指を、1〜5弦セーハに変えた形です。人差し指の先を6弦に軽く触れてミュートするのが理想です。

人差し指が押さえているのは1・5弦だけなので、人差し指の先と第2関節あたりに力を入れます。2〜4弦は力を入れなくても問題ありません。

6弦までセーハしなくてもいいので、その分押さえやすいコードフォームです。

1〜6弦セーハのフォーム

完全なBmコード(1〜6弦セーハ)

全ての弦を人差し指でセーハするコードフォームです。

6弦2フレット「ファ♯」の音はBmの和音の一部なので、音が出ても問題ありません。ただし、ベース音は5弦2フレットの「シ」です。

5・6弦親指のフォーム

完全なBmコード(親指)

このコードフォームは、代用コード[レベル2]にプラスして、5・6弦の2フレットを親指で押さえる形です。手が小さい人には難しいコードフォームでしょう。

親指で押さえる5・6弦の音が出なくてもBmの代用コード[レベル2]と同じ音になります。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

押さえ方のコツを知ればギター初心者でもBmで挫折しない

コードを押さえるコツは、基本的に2つです。

・フレットに近い所を押さえる
・指板に対して指を立てる

Bmコードは、これ以外に特別なコツが必要です。複数の弦を1本の指で押さえるセーハが必要だからです。

Bmコードのコードフォームは2つあるので、それぞれ押さえ方のコツを解説します。

1〜6弦セーハフォームのコツ

Bmコードの最も一般的なコードフォームのコツを解説します。

下の写真は、1〜5弦セーハ、6弦ミュートのコードフォームです。

この写真のように、フレットに近い所を押さえるようにします。

Bm-chord コツ2

セーハする人差し指は、ナット側に回すように少しひねった方が力が入りやすくなります。

他の指は、指板に対して立てるようにします。(指先で弦を押さえる)

Bm-chord コツ3

指を寝かせてはいけません。他の弦に触れてしまうので、音が出ない、あるいは違う音が出てしまいます。第1関節の曲がり方に注意してください。

Bm-chord コツ4

ネックの裏側の親指は、2フレットの真裏あたりです。親指と人差し指でネックを力強くはさむようにします。こうすることで、人差し指のセーハがやりやすくなります。

5・6弦親指フォームのコツ

棒を握るようなコードフォームです。手が小さい人には難しいと思います。

Bm-chord コツ5

親指で5・6弦2フレットを押さえるのが難しいのですが、ガバッとフレットを握ればこのフォームになるので、慣れれば押さえられるようになると思います。

Bm-chord コツ6

人差し指から小指まで、指板に対して立てるように押さえます。

Bm-chord コツ7

親指でネックを包み込むようにします。そうすることで、弦を押さえる指に力が入りやすくなります。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

まとめ:ギター初心者でもBmで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ここまで、ギターを挫折する原因となる『Bmコード』の克服法と押さえ方のコツを解説してきました。

克服法を知ればギター初心者でもBmで挫折しない
 Bmの代理コードを使う
 Bmの代用コードを使う
  ・Bmの代用コード[レベル1]
  ・Bmの代用コード[レベル2]
  ・Bmの代用コード[番外]
 押さえやすいコードフォームを選ぶ
  ・1〜5弦セーハのフォーム
  ・1〜6弦セーハのフォーム
  ・5・6弦親指のフォーム

押さえ方のコツを知ればギター初心者でもBmで挫折しない
 1〜6弦セーハフォームのコツ
 5・6弦親指フォームのコツ

多くの曲で使われるBmコードは、ギターを始めたばかりの初心者にとっては難しいコードです。

しかし、Bmコードを克服すれば、その後のギター人生の可能性が広がります。

ぜひこの記事を参考に、Bmコードを習得してください。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ギター上達のコツ

関連記事

ギター初心者でもFコードで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ギターのCコードが押さえられない!音が出る押さえ方のコツ

ギターでGコード!色々な押さえ方で届かないを解消

ギターのDコードは難しい?正しい押さえ方と弾き方のコツ[動画あり]

ギター初心者がコードを効率的に覚えるための方法とコツ