ギターコードの読み方!アルファベットや数字の意味と役割

Pocket

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

ギターを始めたばかりの方にとって、「コード」はまるで謎の暗号のように見えてしまうかもしれません。

「C」や「G」のようなシンプルなコードは理解できても、「B♭m7-5」や「D#dim7」のような複雑なコードは、どう読んだらいいのかわからないですよね。

しかし、ご心配なく!

この記事では、ギター初心者の方でも簡単に理解できるよう、コードの読み方をわかりやすく解説します。

アルファベットや数字の意味と役割をマスターすることで、コードダイアグラムを見なくても、コードの押さえ方がわかるようになります。

どうぞ最後までお読みください。

コードとは

ギターコードの読み方 アイキャッチ画像

「コード(chord)」を辞書で引くと、「和音(わおん)」と書かれています。

「和音」は、複数の音が同時に鳴ることで生まれる音響のことですが、厳密には鳴る音の数によって次のように分類されます。

  • 重音:高さの異なる2つの音
  • 和音:高さの異なる3つ以上の音

一般的に「コード」といえば、「和音」のことです。

コードで鳴っている音をコード構成音といいますが、コードとは「コード構成音が3つ以上ある」ということができます。

しかし、コード構成音が2つのコードもあります。パワーコードです。

「Cのパワーコード」「Gのパワーコード」などといいます。

パワーコードについては、ギターでパワーコード!重厚サウンドを生む弾き方のコツ[動画あり]で詳しく解説しているので参考にしてください。

コードの3つの部分の役割と読み方

コードは何百種類もありますが、構造を理解すれば読み方がわかります。

コードの読み方をコードネームといいます。

たとえば、次のコード「CmM7」を見てください。

C m M7

このコードは「シー マイナー メジャー・セブンス」と読みます。

このコードは、次の3つの部分に分けることができ、それぞれに役割があります。

  • ルート音(根音・主音)
  • メジャー・マイナー
  • 付加和音

左側にある英語の大文字「C」は、そのコードの基になるルート音を表しています。ルート音は「根音」や「主音」、「ベース音」ともいわれます。

中央の小文字「m」は、マイナーコードであることを表しています。メジャーコードは大文字「M」ですが、たいていは省略されて何も記載されません。

左側と中央の部分で、最も単純な「3音のコード」を表します。

右側の「M7」は、「3音のコード」に付加する音を表しています。この部分があると、4音や5音のコードになります。

3つの部分について、それぞれ詳しく解説します。

ルート音

コードネームの左側は、ルート音を表しています。

ルート音は、和音の基準となる音で、音階を英語で表した文字を使います。

学校の音楽の授業では、音階は「ドレミファソラシ」と習いましたね。実は、これはイタリア語です。

コードは、英語「CDEFGAB」で表します。「C」が「ド」です。

ギターコードの読み方 五線譜

たとえば、Cメジャーコードは「ド・ミ・ソ」、つまり「C・E・G」の3音でできています。

この3音の始まりの音「C」が、コードのルート音というわけです。

ルート音は全部で12種類あります。

C・C#DD#EF・F#GG#AA#B

ギターコードの読み方 五線譜2

「♯」は「シャープ」、「♭」は「フラット」と読みます。

C♯(シー・シャープ)はCを半音上げた音です。D♭(ディー・フラット)はDを半音下げた音です。

この2つの音は、異名同音(いめいどうおん)といって、呼び方は違いますが同じ音になります。

このように、コードネームの左側の「英大文字」および「♯」や「♭」は、12個のルート音のどれかを表します。

メジャー・マイナー

コードは大きく2種類に分けることができます。

明るい響きのメジャー(major)コードと暗い響きのマイナー(minor)コードです。

コードネームの中央部分で、そのコードがメジャーコードなのかマイナーコードなのかを表します。

メジャーコードは省略して「maj」または「M」、マイナーコードは「min」または「m」と書きます。

一般的には、メジャーとマイナーの違いがハッキリわかるように、メジャーコードの「M」は書きません。

たとえば、Cメジャーコードは通常「C」と書きます。

「CM」「Cmaj」もCメジャーコードですが、あまり目にすることはないでしょう。

Cマイナーコードは通常「Cm」と書きます。「m」を省略することはありません。

「Cmin」「C-」もCマイナーコードですが、あまり一般的ではありません。

コードネーム 一般的な表記 別表記
 C メジャー  C  Cmaj、CM
 C マイナー  Cm  Cmin、C-

このように、コードネームの中央部分は、メジャーコードかマイナーコードを表す役割があります。

付加和音

コードネームの右側は、「3音のコード」に付加する音を表しています。

つまり、ここに何かが書いてあると「4音以上のコード」になります。

例外が2つあります。「sus4」と「aug」です。これらは、コード構成音が3つのコードです。

ここでは、付加和音の部分がある主なコードについて、「C」を例にコードネームと表記の方法をまとめました。

コードネーム 一般的な表記 別表記
 C サスフォー  Csus4  C4、Csus
 C セブンス・サスフォー  C7sus4  C7sus
 C オーギュメント  Caug  C+、C+5
 C オーギュメント・セブンス  Caug7  C+7、C7+5
 C シックス  C6  CM6、Cmaj6
 C セブンス  C7  
 C メジャー・セブンス  CM7  Cmaj7、C△7
 C マイナー・シックス  Cm6  C-6、Cmin6
 C マイナー・セブンス  Cm7  C-7、Cmin7
 C マイナー・メジャー・セブンス  CmM7  Cm△7、C-△7
 C ディミニッシュ  Cdim  C○
 C アド・ナインス  Cadd9  
 C マイナー・セブンス・フラット・ファイブ  Cm7(♭5)  Cm7♭5、Cm7-5

付加和音には、数字や英文字が使われています。

数字は、度数といって、ルート音から数えて何番目の音なのかを表しています。

英文字は、英単語の省略形です。(「add」を除く)

そこで次は、この度数や英文字について解説します。

・度数

付加和音に書かれている数字は、付け加える音を表しています。これを度数といいます。

ルート音を1度として、順に2度、3度〜と数えていきます。

階名(伊語) ファ
階名(英語)
度数

8度は、1度のルート音より1オクターブ上の音です。

ギターコードの読み方 鍵盤
ギターコードの読み方 五線譜3

たとえば、「C6」は、「C」の3和音「C・E・G」に6度の音「A」を加えたコードです。

つまり、「C6」のコード構成音は、「C・E・G・A」です。

ギターのコードフォームで説明すると、次のようになります。

ギターコードの読み方 C6

左側は1・3・5度の「C」ですが、それに6度の音を付け加えると、右側の「C6」になります。

この「C6」は、5度の音「G」を省略したコードフォームです。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

次に、セブンスコードを解説します。

セブンスコードは、注意が必要です。

「C7」は、「C」に7度の音「B」を加えたコードではありません。

7度より半音低い音「B♭」を加えたコードが「C7」になります。

ギターコードの読み方 C7

では、「C」に7度の音「B」を付け加えたコードは何でしょうか。

それは、「CM7」になります。

ギターコードの読み方 CM7

「C〜B♭」の「B♭」を「短7度」、「C〜B」の「B」を「長7度」といいます。

すなわち、「C7」は短7度の音、「CM7」は長7度の音を付け加えたコードです。

同じセブンスコードでも、「M」があるかないかで、付加する音が半音違っているのです。

・sus4

「sus4」(サスフォー)の「sus」は、suspendedの省略形です。suspendedは、「浮遊している」という意味があります

「Csus4」は別表記で「C4」と書くように、「C」に4度の音「F」を加えたコードです。しかし、3度の音は抜いて「C・F・G」の3和音になります。

ギターコードの読み方 Csus4

3度の音は、メジャーかマイナーを決定づける音です。そのため、sus4は明るくも暗くもなく、その名の通りフワフワした響きがあります。

・aug

「aug」(オーギュメント)は、augmentの省略形です。augmentは、「増加させる」という意味があり、5度の音を半音上げることを示しています。

「Caug」は、「C」の5度の音「G」を半音上げて、「C・E・G♯」の3和音にしたコードです。

ギターコードの読み方 Caug

どことなく不思議な雰囲気を漂わせる響きがあります。

・dim

「dim」(ディミニッシュ)は、diminishの省略形です。diminishは、「減少させる」という意味があり、半音下げることを示しています。

「Cdim」は、「C」の3和音「C・E・G」のうち、ルート以外を半音下げて6度の音を加えます。つまり、「C・E♭・G♭・A」の4和音のコードです。

それぞれの音の間隔が、ギターの3フレット分になります。

ギターコードの読み方 Cdim

緊張感が高まる響きがあります。

・add9

「add9」(アド・ナインス)の「add」は、「付け加える」という意味があります。

9度の音は8度の音より1度高い音なので、2度の音と同じです。なぜならば、1度と8度は1オクターブ違いの同じ音だからです。そのため、「add9」は「add2」と書くこともあります。

つまり、「Cadd9」は、「C」の3和音「C・E・G」に9度の音「D」を加えたコードになります。

ギターコードの読み方 Cadd9

キレイで清々しい響きのコードです。

オンコード(分数コード)の読み方

通常のコードの他に、オンコードと呼ばれるコードがあります。

オンコードとは、ルート音以外の音をベース音に指定しているコードです。

コード進行をなめらかにするためや、変化を加えるために使われます。

オンコードは、次のように書かれています。

Am7 on G

または

Am7 (on G)

オンコードは、分数の形で書くこともあるので、分数コードともいわれます。

Am7 / G

読み方は、どれも「エー・マイナー・セブンス・オン・ジー」です。

コードダイアグラムでは、このようになります。

ギターコードの読み方 Am7/G

通常「A」のベース音は5弦の解放ですが、「Am7/G」では6弦3フレットの「G」がベース音になります。

まとめ:ギターコードの読み方!3つの部分の役割やオンコード

ここまで、ギターコードの読み方を解説してきました。

  • ギターコードは、3つの部分の役割を理解すれば読み方がわかる。
  • 分数の形をしているオンコードは、ベース音が分母に書かれている。

ここで解説したギターコード以外にも、テンションコードというものがあります。テンションコードには、度数を表す数字(9,11,13)が付け加えられています。

すでに度数の基本的な意味を理解しているので、読むことができると思います。ぜひチャレンジしてみてください。

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ギターでパワーコード!重厚サウンドを生む弾き方のコツ[動画あり]

ギターでペダルポイント!単調なコード進行に音の広がりを[動画あり]

ギター初心者がコードを効率的に覚えるための方法とコツ

ギターのコードダイアグラム!読み方と記号や数字の意味

ギターコードの押さえ方5つのコツ!これで初心者の悩み解消


ミドルシニアのギターサークル ▼ K on Pickでは、無料のギターレッスンを行っています。

レッスンの教材は、あなたが弾きたい曲の【専用楽譜】と【模範演奏動画】です。

他にはない画期的なレッスンを受けてみませんか?

詳しくはコチラ↓

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

特別レッスン一覧

【あなた専用の楽譜と模範演奏動画】▼ K on Pick ギター塾

【超初心者が弾き語り】約1ヶ月間の無料動画レッスン

【悪いクセがつく前に】全11回ギター上達のコツ無料動画レッスン

【カノンで学ぶギタテク8選】無料動画レッスン

【ソロギターのテクニック8選】無料動画レッスン