初心者のためのソロギター!メロディーと伴奏が弾けるまでの手順

Pocket

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

ソロギターとはギター1本でメロディーと伴奏を同時に弾く演奏法ですが、弾いている人をみると「カッコいい!」ですよね。

でも、どうやって弾いているのかわかりません。

そこでこの記事では、ソロギターをやりたいけど弾き方がわからない人のために、弾き方の解説をします。

どうぞ最後までお読みください。

複雑なソロギターを分解して簡単に

初心者のためのソロギター アイキャッチ画像

ソロギターは、TAB譜を見ても難しそうです。なぜかというと、メロディーと伴奏という別々のパートが、ひとつの楽譜に書かれているからです。

このTAB譜を見てください。

音符がたくさん並んでいるので、ギターで弾くのは難しそうですね。

しかし、このように複雑なTAB譜でも、パートに分解してしまえば、とても理解しやすくなるのです。

ソロギターの3つのパート

ソロギターは、大きく2つのパートに分かれます。「メロディー」と「伴奏」です。

伴奏は、さらに2つに分かれます。「コードトーン」と「ベース音」です。

初心者のためのソロギター メロディーと伴奏

コードトーンとは、コードつまり和音を構成する音のことです。

ベース音とは、コードの基となる音で「ルート」ともいわれます。ルートがベース音にならないときもあります。ベース音もコードトーンに含まれます。

たとえば、Cのコードトーンは「ド・ミ・ソ」なので、「ド」がベース音、「ミ・ソ」がベース音以外のコードトーンです。

ここからは、ベース音以外のコードトーンという意味で「コードトーン」という言葉を使います。

3つのパートの音域

ソロギターを演奏するときは、メロディー・コードトーン・ベース音の音域は、次のようになっています。

初心者のためのソロギター メロディーとコードトーンとベース音

高音域のメロディーは、1・2・3弦を使って弾きます。たまに4弦も使います。

中音域のコードトーンは、2・3・4弦を使って弾きます。たまに1弦も使います。

低音域のベース音は、4・5・6弦を使って弾きます。

ギターの弦は6本しかないので、メロディー・コードトーン・ベース音を弾く弦が重なることがあります。そのため、ソロギターのTAB譜はとても複雑に見えるのです。

そこで、各パートがハッキリわかるようなTAB譜を作れば、複雑なソロギターも理解しやすくなります。

では次は、各パートがハッキリわかるTAB譜を見ながら、実際にソロギターを弾いていきましょう。

ソロギターが弾けるまでの手順

ソロギターが弾けるまでの手順は、次の通りです。

  1. コード進行を覚える
  2. メロディーを弾く(コードを押さえたまま)
  3. ベース音を弾く(コードを押さえたまま)
  4. メロディーにベース音を合わせる(コードを押さえたまま)
  5. 最後にコードトーンを合わせる(コードを押さえたまま)

初めてソロギターを弾くための課題曲として、唱歌『春の小川』を選びました。

テンポがゆっくりなだけでなく、メロディーが4分音符だけでできているので、初めてソロギターを弾くのに適しているからです。

それでは、それぞれの手順を詳しく解説していきます。

1.コード進行を覚える

まずは、コード進行を覚えましょう。

初心者のためのソロギター コード譜1
初心者のためのソロギター コード譜2

使用するコードは、初心者でも押さえやすい簡単なものにしています。

キーをGにしているのは、ソロギターを弾きやすくするためです。

2.メロディーを弾く

いよいよTAB譜を見ながらメロディーを弾いていきましょう。

大切なことは、コードを押さえたままメロディーを弾くということです。なぜならば、コードの中にメロディーの音が多く含まれているからです。

しかし、コードを押さえたままでは弾けない音があります。

たとえば、「はーるのおがわは」の「る」は1弦開放の音なので、Gコードを押さえている1弦の指は離します。

また、2弦3フレットを弾くときは、コードを押さえている指を動かすか、コードを押さえていない指を使います。これは、Gコードをどのような指使いで押さえているかによって変わります。

ソロギター メロディーの弾き方

次に、右手の弾き方です。

基本的に、4〜6弦は親指、3弦は人差し指、2弦は中指、1弦は薬指が担当します。

ソロギター 右手の指使い

しかし、ソロギターの場合は担当する弦が変わることがよくあります。

なぜならば、定番のアルペジオとは違う弾き方をしなければ、メロディーと伴奏を同時に弾くことができないことがあるからです。

演奏するフレーズに合った指使いを柔軟に考えていきましょう。

初心者のためのソロギター メロディー譜1
初心者のためのソロギター メロディー譜2

メロディー前半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

メロディー後半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

前半と後半を通したメロディーのサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

3.ベース音を弾く

メロディーの次は、ベース音を弾きます。

ベース音を弾くときも、メロディーを弾くときと同じように、コードは押さえたままです。

コードダイアグラムにはベース音がある弦に「○印」をつけているので、コードを見るだけで弾くことができます。

右手は、親指を使います。

基本的に、各コードのルートがベース音です。

ひとつだけ例外があります。D(D7)コードです。

Dのルートは4弦開放の音ですが、6段目のDコードを除いて、6弦2フレットをベース音にしています。理由は、メロディーとコードトーンが弾きやすくなるからです。

これが、ルートがベース音にならない代表的な例です。このようなコードは、「分数コード」あるいは「オンコード」といって「D/F#」「DonF#」などと表記されることがあります。

6弦2フレットを押さえる指は、親指がベストです。しかし、手が小さいために親指が届かない人もいます。そういう人は、コードを押さえる形を変えてください。

この曲の場合は、6弦2フレットを人差し指、3弦2フレットを中指で押さえれば弾くことができます。

初心者のためのソロギター D/F#

なぜ、親指で6弦2フレットを押さえることがベストかというと、他の指はコードを押さえることができるからです。コードを押さえていれば、弾き間違えたときでもコードトーンが鳴ります。コードを押さえていれば、別の弾き方で伴奏をすることもできます。

このような理由から、親指で6弦2フレットを押さえることがいいのです。

初心者のためのソロギター ベース譜1
初心者のためのソロギター ベース譜2

ベース音前半部分のサンプル音源です。どこを弾いているのかわかるように、メロディーも入っています。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

ベース音後半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

前半と後半を通したベース音のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

4.メロディーにベース音を合わせる

メロディーとベース音を合わせて弾くと、ソロギターらしくなります。

これまでと同じように、コードを押さえたまま弾きます。

右手は、メロディーが中指または薬指、ベース音が親指になります。

初心者のためのソロギター メロディー&ベース譜1
初心者のためのソロギター メロディー&ベース譜2

メロディーとベース音を合わせた前半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

メロディーとベース音を合わせた後半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

前半と後半を通したメロディーとベース音のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

5.最後にコードトーンを合わせる

最後にコードトーンを合わせて、ソロギターの完成を目指します。

コードを押さえたまま弾くことは、これまでと同じです。

コードを押さえていれば、ベース音を弾くときも、コードトーンを弾くときも、押さえる場所を変える必要はありません。弾く弦を間違えたとしても、コードを押さえているので、正しいコードトーンが鳴ります。

右手は、親指でベース音、中指または薬指でメロディーを弾きます。メロディーを弾いた後は、必ず人差し指でコードトーンを弾きます。

1曲通して、このパターンの繰り返しです。

下のTAB譜では、メロディーは赤色の音符で表しています。

初心者のためのソロギター TAB譜1
初心者のためのソロギター TAB譜2

コードを押さえているので、どの弦の音を弾いてもコードトーンが鳴ります。つまり、メロディーとベース音以外は、このTAB譜通りに弾く必要はないということです。

ソロギターは、コードを押さえながら弾くことで、弾き間違いを減らすことができるだけでなく、演奏のバリエーションを楽しむこともできるのです。

メロディー・ベース音・コードトーンを合わせた前半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

メロディー・ベース音・コードトーンを合わせた後半部分のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

ソロギター課題曲『春の小川』のサンプル音源です。音が出ますのでボリュームに気をつけてください。

パソコン・タブレット用TAB譜

ソロギター課題曲『春の小川』のパソコン・タブレット用TAB譜を掲載します。

パソコンやタブレットで見やすいように、4小節並べて横長にしています。

初心者のためのソロギター TAB譜 PC用

ソロギター演奏例

ここで解説した方法を使って、実際にソロギターを演奏した例を紹介します。

まとめ:初心者のためのソロギター!メロディーと伴奏が弾けるまでの手順

ここまで、ソロギターをやりたいけど弾き方がわからない人のために、メロディーと伴奏が弾けるまでの手順を解説してきました。

  1. コード進行を覚える
  2. メロディーを弾く(コードを押さえたまま)
  3. ベース音を弾く(コードを押さえたまま)
  4. メロディーにベース音を合わせる(コードを押さえたまま)
  5. 最後にコードトーンを合わせる(コードを押さえたまま)

ソロギターが弾けると「カッコいい!」ですよね。

ぜひあなたもソロギターにチャレンジしてください。応援しています。

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ソロギターとは?弾き語りやギターソロとの違いを解説

20時間でギター初心者が1曲弾ける!1日45分約1ヶ月

初心者はギター教室に通うべきか?メリットとデメリットを解説

ギター・アコギ初心者卒業!TAB(タブ)譜の読み方徹底解説

ギターの奏法・テクニック一覧!知っておきたいセレクト31


ミドルシニアのギターサークル ▼ K on Pickでは、無料のギターレッスンを行っています。

レッスンの教材は、あなたが弾きたい曲の【専用楽譜】と【模範演奏動画】です。

他にはない画期的なレッスンを受けてみませんか?

詳しくはコチラ↓

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

特別レッスン一覧

【あなた専用の楽譜と模範演奏動画】▼ K on Pick ギター塾

【超初心者が弾き語り】約1ヶ月間の無料動画レッスン

【悪いクセがつく前に】全11回ギター上達のコツ無料動画レッスン

【カノンで学ぶギタテク8選】無料動画レッスン

【ソロギターのテクニック8選】無料動画レッスン