ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ[動画あり]

Pocket

ハイコードでのコードチェンジのコツ アイキャッチ画像

ハイコードでは、コードチェンジのときに音が途切れてしまうのですが、どうしたらいいでしょうか?

確かに、ハイコードでコードチェンジをすると、ポジションが変わるので、音が途切れてしまいそうです。

しかし、ギターが上手な人は、ハイコードでコードチェンジをしても、音が途c切れません。どうやってコードチェンジをしているのでしょうか。

そこでこの記事では、「ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ」を解説します。

どうぞ最後までお読みください。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ

ハイコードとは、開放弦を使ったオープンコードとは違い、ボディに近いハイフレットで押さえるコードのことです。

具体的には、Fコードのように人差し指で複数の弦を一度に押さえる、つまりセーハするコードのことです。このようなコードをバレーコードともいいます。

このようなハイコードでも、音が途切れないようにコードチェンジをするコツが2通りあります。

  • コードチェンジの直前でブラッシングする
  • コードチェンジの直前で指を弦から離す

それぞれ解説します。

コードチェンジの直前でブラッシングする

「ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ」としてまず最初に挙げられるのは、コードチェンジの直前でブラッシングする方法です。

ブラッシングとは、音が出ないようにミュートした弦をピッキングする演奏法です。

ミュートされた弦をピッキングすることで、音程感のないパーカッションのようなサウンドが鳴るので、コードチェンジのときに音が途切れたようには聞こえません。

コード進行[G→Em→Am→D7]を例に挙げると、次のように弾くということです。

ハイコードでのコードチェンジのコツ 楽譜1

ギター特有のカッティングという弾き方をするときにも、このブラッシングのテクニックが使われます。

ハイコードでのコードチェンジのコツ 楽譜2

カッティングでも、ブラッシングのときにコードチェンジが行われます。

カッティングとブラッシングのやり方については、ギターでリズムを表現!カッティングとブラッシングのやり方で詳しく解説しています。参考にしてください。

コードチェンジの直前で指を弦から離す

「ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ」として次に挙げられるのは、コードチェンジの直前で、指を弦から離して開放弦を鳴らすという方法です。

コードチェンジの直前に、コードの構成音とは異なる開放弦の音が鳴るので、違和感を感じると思われるかも知れませんが、全くそのような心配はありません。

ブラッシングのときと同様に、開放弦の音がパーカッション的な音に聞こえるので、よりリズミカルに聞こえます。

ハイコードでのコードチェンジのコツ 楽譜3

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

ハイコードでも音が途切れないコードチェンジの演奏例

本記事で解説したコードチェンジの方法を、実際に演奏して動画にまとめました。

ぜひ参考にしてください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

まとめ:ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ

ここまで、「ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ」を解説してきました。

ミュートした弦をピッキングするブラッシングも、指を離して開放弦を鳴らす方法も、どちらもできるようにしておくと、いろいろな曲に対応できます。ぜひ両方とも習得してください。

なお、ローコードにおけるストロークやアルペジオのコードチェンジ法については、別の記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

11-lessons.jpg

関連記事

アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジのコツ[動画あり]

初心者必見!ローコードにおけるコードチェンジのコツ[動画あり]

ギターのCAGEDケイジドシステム!覚え方と活用法

ギター・アコギ初心者卒業!TAB(タブ)譜の読み方徹底解説

ギターコードの読み方!アルファベットや数字の意味と役割