アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジのコツ[動画あり]

Pocket

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

ギターでアルペジオを弾いている時、ローコードのチェンジで演奏が途切れてしまう経験はありませんか?

そんな悩みを解決する、アルペジオにおけるローコードチェンジのコツを解説します。

アルペジオならではのちょっとしたコツをマスターすることで、スムーズなコードチェンジが可能になり、美しい音色で演奏を楽しむことができます。

さらに、解説動画も用意しているので、記事の内容をより深く理解することができます。

ぜひこの記事を参考に、アルペジオ演奏を上達させてください!

アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジのコツ

「アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジ方法」は、次の2通りあります。

  • コードチェンジの直前に次のコードを押さえる準備をする。
  • コードチェンジの直後に次のコードを押さえる。

ここでは、ローコードでのコードチェンジについて解説していきます。

ローコードを簡単に説明すると、「開放弦を含むオープンコード」「4フレットまでに収まるコード」のことです。FやBm、F#mもローコードに含めると、カポタストを使えば、ほとんどの曲が「ローコードだけで弾ける」ことになります。

それでは、「アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジ方法」を、順に解説していきます。

コードチェンジの直前に次のコードを押さえる準備をする

「コードチェンジの直前に次のコードを押さえる準備をする方法」では、コードチェンジの直前に、指を弦から離して開放弦を弾き、その音が鳴っている間に次のコードを押さえる準備をします。

具体的には、次のTAB譜のように弾くことになります。

コードチェンジのコツ!アルペジオ編 楽譜1

各コードの最後の音に注意して音源を聞いてください。

音源を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

各コードの最後の音を弾くときは、弦から指を離しています。

GとCの最後の音(3弦の解放音)は、コードの構成音なので全く違和感はありません。

しかし、BmとDの最後の音(3弦の解放音)は、コードの構成音ではありません。ところが、次のコードの構成音なので、やはり違和感は感じられません。

このように、コードチェンジの直前に解放音を鳴らして、次のコードを押さえる準備をすることで、コードチェンジをスムーズに行うことができます。

コードチェンジの直後に次のコードを押さえる

「コードチェンジの直後に次のコードを押さえる方法」では、コードチェンジした直後にベース音を鳴らし、その音が鳴っている間に次のコードを押さえます。

具体的には、次のTAB譜のように弾くことになります。

コードチェンジのコツ!アルペジオ編 楽譜2

各コードの最後の音に注意して音源を聞いてください。

音源を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

全てのコードで構成音が鳴っているので、美しい響きになります。

このコードチェンジの方法は、比較的ゆっくりな曲のときに有効です。

しかし、速い曲のときは、コードチェンジが追いつかないことがあります。

そのような場合は、「コードチェンジの直前に次のコードを押さえる準備をする方法」でコードチェンジをした方がいいでしょう。

その方法で上と同じコード進行を弾くと、このようになります。

コードチェンジのコツ!アルペジオ編 楽譜3

各コードの最後の音に注意して音源を聞いてください。

音源を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

DとBmの最後の音(3弦の解放音)は、そのコードの構成音ではありませんが、違和感は感じられないと思います。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

このように、「アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジ方法」は2通りありますが、弾いている曲に合わせてどちらかを使い分けるといいでしょう。

  • コードチェンジの直前に次のコードを押さえる準備をする。
  • コードチェンジの直後に次のコードを押さえる。

アルペジオにおけるコードチェンジの演奏例

本記事で解説した3つの楽譜通りに、実際にギターを弾いたので、確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

まとめ:アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジのコツ

ここまで、「アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジのコツ」を解説してきました。

「ストロークにおけるローコードでのコードチェンジのコツ」は、初心者必見!ローコードにおけるコードチェンジのコツ[動画あり]で解説しています。その解説を読んでから本記事に戻ると、より理解が進むと思うので、ぜひ参考にしてください。

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

初心者必見!ローコードにおけるコードチェンジのコツ[動画あり]

ハイコードでも音が途切れないコードチェンジのコツ[動画あり]

ギターのストローク!引っかからないためのコツと練習方法[動画あり]

ギターコードの読み方!アルファベットや数字の意味と役割

ギター初心者が楽しくコードを覚える方法!たった1曲弾くだけ


ミドルシニアのギターサークル ▼ K on Pickでは、無料のギターレッスンを行っています。

レッスンの教材は、あなたが弾きたい曲の【専用楽譜】と【模範演奏動画】です。

他にはない画期的なレッスンを受けてみませんか?

詳しくはコチラ↓

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

特別レッスン一覧

【あなた専用の楽譜と模範演奏動画】▼ K on Pick ギター塾

【超初心者が弾き語り】約1ヶ月間の無料動画レッスン

【悪いクセがつく前に】全11回ギター上達のコツ無料動画レッスン

【カノンで学ぶギタテク8選】無料動画レッスン

【ソロギターのテクニック8選】無料動画レッスン