ギターのユニゾン・チョーキングとは?やり方とコツ[動画あり]

Pocket

ユニゾン・チョーキング アイキャッチ画像

ロックの間奏や後奏に出てくるギターソロは、カッコいいですね。

そんなギターソロの中でも、やってみたいのがユニゾン・チョーキングではないでしょうか。

あの不安定なうなりと叫びのような響きは、ロックギターには欠かせません。

ということで、今回はユニゾン・チョーキングのやり方とコツを解説します。

ぜひ最後までお読みください。

→ユニゾン・チョーキングを学ぶなら『カノンで学ぶギタテク8選』無料動画レッスンが最適!

ギターのユニゾン・チョーキングとは?

ユニゾンとは、同じ高さの音という意味です。

ですから、ユニゾン・チョーキングとは、チョーキングすることで同じ高さの2つの音を出すテクニックということになります。

しかし、2つの音が完全に一致してしまうと、音程の違いによる独特のうなりは消えてしまいます。そこで、チョーキングする弦の引き上げ方を調整して微妙なズレを発生させ、叫びのような響きをつくっているのです。

この微妙なズレを生むところが、ユニゾン・チョーキングの難しいところであり、楽しいところでもあります。

この後の解説を読んで、ぜひユニゾン・チョーキングを習得してください。

なお、チョーキングについては別記事で詳しく解説しています。

ギターのチョーキング!正しいやり方と安定させるコツ[動画あり]

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

ユニゾン・チョーキングのやり方

ユニゾン・チョーキングでは、2本の弦を使います。

  • 1弦と2弦:チョーキングするのは2弦
  • 2弦と3弦:チョーキングするのは3弦

2本の弦を同時にピッキングしますが、細い弦はそのままの音、太い弦は1音チョーキングして細い弦の高さに近づけます。

チョーキングして音程を上げていく途中で独特のうなりが発生するので、音程を上げる速さや高さを調整し、ねらった音の響きをつくっていきます。

ユニゾン・チョーキングは3弦と4弦でもできますが、4弦以上の巻き弦はチョーキングがやりづらいのであまり行われません。

ユニゾン・チョーキングは、1〜3弦を使う演奏法だと思ってください。

1弦と2弦のユニゾン・チョーキング

1弦と2弦のユニゾン・チョーキングでは、1弦を人差し指、2弦を薬指で押さえます。

そして、1・2弦を同時にピッキングした後、人差し指はそのままにして、薬指だけ1音チョーキングをします。

<1・2弦ユニゾン・チョーキング例1>

ユニゾン・チョーキング 1・2弦ユニゾン・チョーキング例1

1弦と2弦のユニゾン・チョーキングでは、1弦を人差し指、2弦を小指で押さえる方法もあります。

この場合、小指で1音チョーキングをします。

<1・2弦ユニゾン・チョーキング例2>

ユニゾン・チョーキング 1・2弦ユニゾン・チョーキング例2

2弦と3弦のユニゾン・チョーキング

2弦と3弦のユニゾン・チョーキングでは、2弦を人差し指、3弦を薬指で押さえます。

そして、2・3弦を同時にピッキングした後、人差し指はそのままにして、薬指だけ1音チョーキングをします。

<2・3弦ユニゾン・チョーキング例>

ユニゾン・チョーキング 2・3弦ユニゾン・チョーキング例

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

ユニゾン・チョーキングのコツ

単音のチョーキングが上手にできないと、ユニゾン・チョーキングも上手にできません。

では、チョーキングを上手に行うためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

チョーキングで最も大切なことは、音程を安定させることです。なぜならば、ピッチが正しく上がらないと、音痴な歌を聞いているようでとても気持ち悪いからです。

音程を安定させるために必要なのは、音程を聞き取る力単音チョーキングのコツです。

それぞれ解説していきます。

音程を聞き取る力

ユニゾン・チョーキング チョーキング 耳

「チョーキングは耳でやる!」という名言がありますが、チョーキングを正しく行うためには、音程を聞き取る力が必要です。

なぜならば、正しく音を聞き取ることができなければ、目的の音程まで弦を引き上げることはできないからです。

ギターはピアノなどと違って、音程がハッキリしていません。強い力で弦を押さえればピッチが高くなるし、弦を押さえている指を揺らせば音も揺れます。

ピアノでは白鍵と黒鍵の間の音を出すことはできませんが、ギターならチョーキングすることで中間の音を無段階に出すことができます。

中間の音を出すことができるのがギターの特徴ですが、そのために正しい音程を聞き取る力がないと、ピッチが安定しないフラフラした演奏になってしまいます。

つまり、正しくチョーキングをするためには、何よりも音程を聞き取る力が必要なのです。

単音チョーキングのコツ

音程を聞き分ける力があったとしても、実際に目的のピッチまで弦を引き上げることができなければ、正しいチョーキングはできません。

正しいチョーキングをするためには、力よりもコツが必要です。

チョーキングは、指先だけでやるとうまくいきません。チョーキングは、肘から先全体を使って行います。

まず、左手をジャンケンのグーの形にします。手の甲は上に指先は下に向けます。

次に、左手はグーの形のまま、時計と反対回りに回して、手の甲を下に指先を上に向けます。すると、肘から先が回っていることに気づくと思います。

このときの回転の中心、つまり支点は、親指のつけ根の部分です。ここがネックに当たるところです。

ユニゾン・チョーキング チョーキング やり方

このように、親指のつけ根の部分を支点にして、肘から先全体を回すようにすると、小さい力で弦を引き上げることができます。

無駄な力を使わずに弦を引き上げることができれば、音程を安定させることに集中できます。

ユニゾン・チョーキングを上手に行うためには、単音チョーキングの音程を安定させるコツをつかむことが必要なのです。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

ユニゾン・チョーキングの演奏例

ユニゾン・チョーキングを使った演奏例を紹介します。

微妙な音のズレによるうなりを確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

まとめ:ギターのユニゾン・チョーキングとは?やり方とコツ

ここまで、ユニゾン・チョーキングのやり方とコツを解説してきました。

ギターのユニゾン・チョーキングとは?

ユニゾン・チョーキングのやり方
 1弦と2弦のユニゾン・チョーキング
 2弦と3弦のユニゾン・チョーキング

ユニゾン・チョーキングのコツ
 音程を聞き取る力
 単音チョーキングのコツ

ユニゾン・チョーキングの演奏例

ユニゾン・チョーキングのギターソロは、独特なうなりと響きがありカッコいいですね。

この記事を参考に、ぜひ習得してください。

→『カノンで学ぶギタテク8選』無料動画レッスンでユニゾン・チョーキングのレッスンを開催中!

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

カノンで学ぶギタテク8選

11-lessons.jpg

ソロギターで使えるテクニック8選

関連記事

ギターのチョーキング!正しいやり方と安定させるコツ[動画あり]

ギターでビブラート!やり方とカッコよく決めるコツ[動画あり]

ギターでトリル!やり方と速く弾くコツ、練習法[動画あり]

ギターのスライドとグリス(グリッサンド)!違いとやり方[動画あり]

ギターのオルタネイトピッキング!やり方とコツ、練習方法[動画あり]