ギターの16ビート・ストローク!弾き方と代表的なパターンを解説

Pocket

ギター ストローク 16ビート パターン

ギターのストローク演奏は、他の楽器では表現できない独特なサウンドがあるので、多くの曲で使われています。

ギターのストローク・パターンは、大きく分けると2種類あります。1小節に8分音符が8個の「8ビート」と16分音符が16個の「16ビート」です。

J-POPやロックなどを16ビートのストロークで演奏するとノリがよくカッコいいので、ぜひ習得したいテクニックです。

そこでこの記事では、まず8ビートのストロークを16ビートに変える方法を解説します。

その後で、よく使われる代表的な16ビートのストローク・パターンを紹介します。

ぜひ最後まで読んで活用してください。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

8ビートから16ビートのストロークへ

stroke16_8-16

8ビートのストロークを16ビートに変えていく方法を解説します。

まずは、8ビートのストロークの弾き方です。

8ビートの基本パターン

J-POPなど、ふだん耳にする多くの曲が4/4拍子です。4/4拍子の曲をギターのストロークで演奏すると「8ビート」になります。1拍でダウンとアップのストロークをするので、4拍では合計8回弾くことになるからです。

8ビートの基本パターン」はこのようになります。

ストローク 8ビートの基本パターン

「ダウン」とは、「ダウン・ストローク」のことで、太い弦(6弦)から細い弦(1弦)の方へ向かって弦をはじく弾き方です。「アップ」とは「アップ・ストローク」のことで、細い弦(1弦)から太い弦(6弦)の方へ向かって弦をはじく弾き方です。

上の楽譜のように、「1と2と3と4と」と数えながらダウン・アップのストロークをすると、1小節で8回弦をはじくことになります。

ギターの音を言葉にすると「ジャ・カ ジャ・カ ジャ・カ ジャ・カ」です。

これが、「8ビートの基本パターン」です。

16ビートの基本パターン

ここからは、8ビートのストロークを16ビートに変えていく方法を解説します。

まず、「8ビートの基本パターン」を全てダウン・ストロークで弾きます。

ストローク 8ビートの基本パターン ダウンストローク

「8ビートの基本パターン」を全てダウン・ストロークで弾くときには、

1・2・3・4・5・6・7・8
または、
ジャン ジャン ジャン ジャン ジャン ジャン ジャン ジャン

と言うと、リズムがとりやすくなります。

次に、ダウン・ストロークから返るときにアップ・ストロークで弦をはじきます。

ストローク 16ビートの基本パターン

これが、16ビートの基本パターン」になります。

「16ビートの基本パターン」では、

い ち・に い・さ ん・し い・ご お・ろ く・し ち・は ち
または、
ジャカ ジャカ ジャカ ジャカ ジャカ ジャカ ジャカ ジャカ

と言うと、リズムがとりやすくなります。

8ビートと16ビートの違いがよくわかるように、1小節ずつビートを変えた楽譜を用意しました。

サンプル音源は、Gコードで8ビートと16ビートを1小節ずつテンポ80で演奏したものです。音が出ますので、ボリュームに気をつけてください。(以下同様)

「16ビートの基本パターン」を理解したところで、代表的な16ビートのストローク・パターンを紹介します。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

代表的な16ビートのストローク・パターン

stroke16

16ビートのストローク・パターンは、ほとんどの場合「空(から)ピッキング」が入ります。[パターン②〜⑤]

「空ピッキング」とは、弦をはじく右手は同じテンポで動かしながら、実際には弦をはじかないピッキングのことです。

「空ピッキング」は、安定したリズムを刻むために大切なテクニックなので、必ず習得しましょう。

パターン①「ジャカジャカジャカジャカ

パターン①は、「16ビートの基本パターン」そのものです。このパターンだけ「空ピッキング」はしません。

「16ビートの基本パターン」は、1小節にアップ・ダウンのストロークを交互に16回します。

言葉で表すと「ジャカジャカジャカジャカ」×2 となります。

ジャ」がダウン・ストローク、「」がアップ・ストロークです。

ストロークの楽譜では、このようになります。

stroke16_varia00_01

サンプル音源は、GコードとDコードを1小節ずつテンポ80で演奏したものです。(以下同様)

パターン②「ジャンジャンジャカジャカ

ジャンジャンジャカジャカ」×2

「16ビートの基本パターン」と違うのは、4カ所で「空ピッキング」をすることです。(灰色の部分)

stroke16_varia04_01

ストロークの楽譜では、このようになります。

stroke16_varia04_02

安定したリズムを刻むために、「空ピッキング」をする所でも右手は16ビートのタイミングで動かし続けます。

パターン③ジャンジャンジャンジャカ

ジャンジャンジャンジャカ」×2

「空ピッキング」をする所は6カ所です。(灰色の部分)

stroke16_varia03_02

ストロークの楽譜では、このようになります。

stroke16_varia03_03

安定したリズムを刻むために、「空ピッキング」をする所でも右手は16ビートのタイミングで動かし続けます。

パターン④「〜ジャカジャンジャンジャカ

ジャンジャンジャンジャカジャカジャンジャンジャカ

「空ピッキング」をする所は5カ所です。(灰色の部分)

stroke16_varia01_02

ストロークの楽譜では、このようになります。

stroke16_varia01_02

安定したリズムを刻むために、「空ピッキング」をする所でも右手は16ビートのタイミングで動かし続けます。

パターン⑤「〜ジャカーカジャンジャンジャカ

ジャンジャンジャンジャカーカジャンジャンジャカ

3拍目の始めの音を出さないので、シンコペーション(音を減らしてリズムを変化させる)になります。

「空ピッキング」をする所は6カ所です。(灰色の部分)

stroke16_varia02_01

ストロークの楽譜では、このようになります。

stroke16_varia02_01

安定したリズムを刻むために、「空ピッキング」をする所でも右手は16ビートのタイミングで動かし続けます。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

まとめ:ギターの16ビート・ストローク!弾き方と代表的なパターンを解説

この記事では、8ビートのストロークを16ビートに変える方法を解説し、代表的な16ビートのストローク・パターンを紹介しました。

8ビートから16ビートのストロークへ
 ・8ビートの基本パターン
 ・16ビートの基本パターン

代表的な16ビートのストローク・パターン
 ・パターン①「ジャカジャカジャカジャカ
 ・パターン②「ジャンジャンジャカジャカ
 ・パターン③ジャンジャンジャンジャカ
 ・パターン④「〜ジャカジャンジャンジャカ
 ・パターン⑤「〜ジャカーカジャンジャンジャカ

ギターのストローク演奏は、他の楽器では表現できない独特なサウンドがあり、多くの曲で使われています。

なかでも「16ビートのストローク」は、J-POPやロックなどの演奏には欠かせません。

ぜひ「16ビートのストローク」を習得して、カッコいいギター演奏をしてください。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ギター上達のコツ

関連記事

ギターの8ビート・ストローク!7つの代表パターンと基本構造を解説

ギター初心者必見!フラットピックは正しく持つと上手くなる

ギター初心者に最適なフラットピックの形状・固さ・素材

ギターでリズムを表現!カッティングとブラッシングのやり方

ギターコードの押さえ方5つのコツ!これで初心者の悩み解消