ギターでクリシェ!意味とやり方を知って伴奏に味つけ[動画あり]

Pocket

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

クリシェというテクニックを知っていますか?

クリシェを使うと、単調なコード伴奏にオシャレな味つけができます。

やり方は簡単なので、ぜひこの記事を参考にあなたの演奏に加えてみてください。

クリシェの意味とやり方

クリシェ アイキャッチ画像

クリシェとは、フランス語で「決まり文句」「常套句(じょうとうく)」という意味があります。

音楽では、同じコード(和音)が続くときに、一部の音だけを変化させる演奏法のことになります。

クリシェを用いることで、それまで単調だった伴奏に、音の広がりを加えることができます。

変化させる音は、半音ずつのこともあれば、全音ずつのこともあります。

1つの音だけを変化させるクリシェはメロディック・クリシェ、2音以上を変化させるクリシェはハーモニック・クリシェといいます。

変化させる音が最も低いときは、ベース・クリシェまたはベースライン・クリシェといいます。

クリシェとペダルポイントの違い

クリシェはコード内の一部の音を変化させる演奏法なのに対して、ペダルポイントはコードが変わっても一部の音だけは変化させない演奏法です。

  • クリシェ:同一コード中で一部の音を変化させる
  • ペダルポイント:コード進行中に一部の音を変化させない

クリシェでは一部の音が変化するので、コードが変わっていると考えることができます。すると、音が変化しない部分はペダルポイントになっているといえます。

反対に、ペダルポイントでのコード進行が半音または1音ずつ変わるのであれば、その部分はクリシェだと考えることもできます。

このように、クリシェとペダルポイントは、相反しているようですが、同時に存在することもあるのです。

ペダルポイントについては、ギターでペダルポイント!単調なコード進行に音の広がりを[動画あり]で詳しく解説しています。

クリシェの型

クリシェには、下降型クリシェ上昇型クリシェがあります。

  • 下降型クリシェ:一部の音が下がっていく
  • 上昇型クリシェ:一部の音が上がっていく

下降型クリシェは、メジャーコードでもマイナーコードでも行われます。

上昇型クリシェは、メジャーコードで行われることが多いです。

ベース・クリシェは、下降型が多いです。

それぞれ解説していきます。

下降型クリシェの例(メジャーコード)

メジャーコードにおける下降型クリシェの例として、次のようなコード進行があります。

□→□M7→□7→□6

ギターで弾きやすいのは、CコードやGコードです。

・Cメジャー メロディック・クリシェ

Cコードの1度の音(ルート音)が、「ド→シ→シ♭→ラ」と半音ずつ下がっていきます。

そこで、このようなクリシェを「1度音下降型クリシェ」または「ルート音下降型クリシェ」といいます。

クリシェ Cメジャー

実際の演奏では、1度の音(ルート音)の1オクターブ上の音が下降します。

Cコードの場合、1度音は低い「ド」で、8度音は1オクターブ高い「ド」です。

このことから、「1度音下降型クリシェ」は「8度音下降型クリシェ」といえるでしょう。

・Cメジャー ベース・クリシェ

Cコードの5弦の音を「ド→シ→シ♭→ラ」と半音ずつ下げるとどうなるでしょうか。

クリシェ Cのベース

これは、ベース音が半音ずつ下がるので、ベース・クリシェということになります。

ベース・クリシェでは、分数コード(分母がベース音を表す)にすると、理解しやすくなります。

実際の押さえ方は、下の演奏例(動画)をご覧ください。

・Gメジャー メロディック・クリシェ

Gコードの1度の音(ルート音)が、「ソ→ファ#→ファ→ミ」と半音ずつ下がっていきます。

これは「1度音下降型クリシェ」ですが、実際には「8度音下降型クリシェ」として演奏されます。

クリシェ Gメジャー

・Gメジャー ベース・クリシェ

Gコードにおいても、ベース音を変化させることでベース・クリシェになります。

クリシェ Gのベース

やはり、分数コード(分母がベース音)で表すと、理解しやすくなります。

・演奏例(動画)

次の演奏例を動画にしています。

下降型クリシェの例(メジャーコード)
・Cメジャー メロディック・クリシェ
・Cメジャー ベース・クリシェ
・Gメジャー メロディック・クリシェ
・Gメジャー ベース・クリシェ

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

下降型クリシェの例(マイナーコード)

マイナーコードにおける下降型クリシェの例として、次のようなコード進行があります。

□m→□mM7→□m7→□m6

ギターで弾きやすいのは、DmやEm、Amです。

ベース・クリシェは、やや難しくなります。

・Dm メロディック・クリシェ

Dmの1度の音(ルート音)が、「レ→ド#→ド→シ」と半音ずつ下がっていきます。

「1度音下降型クリシェ」または「ルート音下降型クリシェ」ですが、実際には「8度音下降型クリシェ」として演奏されます。

クリシェ Dm

・Dm ベース・クリシェ

Dmのベース音が半音ずつ下がると、ベース・クリシェになります。

1度の音(ルート音)が半音ずつ下がるのは、メロディック・クリシェと同様です。

クリシェ Dmのベース

Dm/C#のベース音は、小指を大きく開かなければなりません。また、Dm/Bのベース音は、親指で押さえるか、人差し指以外の指を全て変えなければなりません。

ギター初心者にとっては、とても難しい押さえ方といえるでしょう。

指使いについては、下の演奏例(動画)をご覧ください。

・Em メロディック・クリシェ

Emの1度の音(ルート音)が、「ミ→レ#→レ→ド#」と半音ずつ下がっていきます。

「1度音下降型クリシェ」または「ルート音下降型クリシェ」ですが、実際には「8度音下降型クリシェ」として演奏されます。

クリシェ Em

Em6の押さえ方が難しいのですが、アルペジオなどで4弦を弾かないのであれば、5弦4フレットだけを押さえればいいでしょう。

・Em ベース・クリシェ

Emのベース・クリシェは、メロディック・クリシェと同じ弾き方になりますが、コード名が分数コードになります。

クリシェEmのベース

・Am メロディック・クリシェ

Amの1度の音(ルート音)が、「ラ→ソ#→ソ→ファ#」と半音ずつ下がっていきます。

「1度音下降型クリシェ」または「ルート音下降型クリシェ」ですが、実際には「8度音下降型クリシェ」として演奏されます。

クリシェ Am

・Am ベース・クリシェ

Amのベース音が半音ずつ下がると、ベース・クリシェになります。

Amの1度の音(ルート音)が半音ずつ下がるのは、メロディック・クリシェと同様です。

クリシェ Amのベース

ベース音が6弦になる3つのコードは、Am/G#とAm/Gは小指で、Am/F#は親指で押さえると弾きやすいでしょう。

アルペジオなどで4弦を弾かない場合は、薬指や中指で押さえる方法もあります。

指使いについては、次の演奏例(動画)で確認してください。

・演奏例(動画)

次の演奏例を動画にしています。

下降型クリシェの例(マイナーコード)
・Dm メロディック・クリシェ
・Dm ベース・クリシェ
・Em メロディック・クリシェ
・Em ベース・クリシェ
・Am メロディック・クリシェ
・Am ベース・クリシェ

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

上昇型クリシェの例(メジャーコード)

上昇型クリシェの例として、次のようなコード進行があります。

□→□aug→□6→□7

ギターで弾きやすいのは、CコードやGコードです。

・Cメジャー メロディック・クリシェ

Cコードの5度の音が「ソ→ソ#→ラ→ラ#」と半音ずつ上がっていくので、「5度音上昇型クリシェ」になります。

クリシェ Cの上昇

Caugは人差し指で2・3弦を、C6は中指で3・4弦を押さえると、自然な指使いでC7までいけます。

指使いについては、下の演奏例(動画)をご覧ください。

・Gメジャー メロディック・クリシェ

Gコードの5度の音が「レ→レ#→ミ→ファ」と半音ずつ上がっていくので、「5度音上昇型クリシェ」になります。

クリシェ Gの上昇

アルペジオなどで1弦を弾かないのであれば、G7の4弦を小指で押さえると、中指と薬指を動かさなくて済むので簡単です。しかし、1弦まで弾くのであれば、押さえ方を変える必要があります。

指使いについては、次の演奏例(動画)をご覧ください。

・演奏例(動画)

次の演奏例を動画にしています。

上昇型クリシェの例(メジャーコード)
・Cメジャー メロディック・クリシェ
・Gメジャー メロディック・クリシェ

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

曲中におけるクリシェの使用例

実際の曲の中で使われているクリシェの例(曲の一部)です。

ソロギターを演奏していますので、参考にしてください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

まとめ:ギターでクリシェ!意味とやり方を知って伴奏に味つけ

ここまで、クリシェについて解説してきました。

クリシェの意味とやり方

クリシェとペダルポイントの違い

クリシェの型
 下降型クリシェの例(メジャーコード)
 下降型クリシェの例(マイナーコード)
 上昇型クリシェの例(メジャーコード)

曲中におけるクリシェの使用例

クリシェを使うと、単調なコード伴奏にオシャレな味つけができます。

ぜひあなたの演奏に加えてみてください。

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ギターでペダルポイント!単調なコード進行に音の広がりを[動画あり]

ボトルネック奏法!スライドギターのやり方とコツ[動画あり]

ギターでトリル!やり方と速く弾くコツ、練習法[動画あり]

ギターでプリング・オフ!やり方とコツを解説[動画あり]

ギターでハンマリング・オン!やり方とコツを解説[動画あり]


ミドルシニアのギターサークル ▼ K on Pickでは、無料のギターレッスンを行っています。

レッスンの教材は、あなたが弾きたい曲の【専用楽譜】と【模範演奏動画】です。

他にはない画期的なレッスンを受けてみませんか?

詳しくはコチラ↓

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

特別レッスン一覧

【あなた専用の楽譜と模範演奏動画】▼ K on Pick ギター塾

【超初心者が弾き語り】約1ヶ月間の無料動画レッスン

【悪いクセがつく前に】全11回ギター上達のコツ無料動画レッスン

【カノンで学ぶギタテク8選】無料動画レッスン

【ソロギターのテクニック8選】無料動画レッスン