ギターの指弾きストローク!フィンガーストロークのやり方[動画あり]

Pocket

フィンガーストローク アイキャッチ画像

ギターの弾き語りでは、アルペジオからストロークに変わることがありますね。

そういうときは、ピックを持つことなく、指弾きのままストロークもやってしまいましょう。

しかし、指でストロークをすることに、難しさを感じる人がいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、指弾きのストローク「フィンガーストローク」のやり方を解説します。

また、フィンガーストロークのメリットやデメリットについても触れますので、どうぞ最後までお読みください。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

フィンガーストロークのやり方

指でストロークをするフィンガーストロークは、音色によって2種類に分けられます。

  • マイルドな音色:指の肉を使って弾く
  • シャープな音色:指の爪を使って弾く

それぞれのやり方を解説します。

マイルドな音色のフィンガーストローク

指の肉の部分で弦をはじくと、マイルドで温かみのある音色になります。

マイルドな音色のフィンガーストロークでは、ダウンストロークとアップストロークを違う指で弾きます。

ダウンストロークは親指の腹で弦をはじきます。

フィンガーストローク 親指ダウン

アップストロークは人差し指の腹で、なでるように弦をはじきます。中指や薬指を使うこともできます。

フィンガーストローク 人差し指アップ

ポイントは、爪を弦に当てないように弾くことです。

爪を短く切っている人は、特に意識をしなくても、爪が弦に当たることはないでしょう。

しかし、爪を伸ばしている人は、爪が弦に当たってしまうので、この弾き方は難しいと感じるかもしれません。

爪が長い人は、第一関節をしっかり伸ばすようにすると、爪が弦に当たりづらくなります。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

シャープな音色のフィンガーストローク

フィンガーストロークでシャープな音色を出すためには、指の肉ではなく爪で弦をはじきます。

指の爪で弦をはじくと、シャリッとシャープな音色になります。

爪を弦に当てるためには、ある程度爪を伸ばしていた方がやりやすいでしょう。

爪の形によっても、やりやすさに違いがあります。

横幅が狭く縦に長い「女爪」の人は、爪が指先から出ているので、それほど爪を伸ばさなくても弦に爪が当たります。

反対に、横幅が広く縦に短い「男爪」の人は、指先から爪が出るくらい伸ばさないと、アップストロークのときに爪が弦に当たりません。

フィンガーストローク男爪と女爪

爪の形は個人差があるので、自分の爪のタイプを見て判断してください。

具体的なやり方は、大きく分けて2通りあります。

  • ダウンストロークとアップストロークを同じ指で弾く
  • ダウンストロークとアップストロークを別の指で弾く

それぞれ解説します。

・ダウンストロークとアップストロークを同じ指で弾く

ダウンストロークとアップストロークを同じ指で弾くときは、人差し指・中指・薬指を使います。

人差し指だけ、中指だけのように、1本の指で弾くこともできます。薬指だけで弾くこともできますが、少しコントロールしづらいと思います。

複数の指を使うと、ボリュームを大きくできるので、用途に応じて使い分けるといいでしょう。

この弾き方のポイントは、ダウンストロークとアップストロークの両方で、爪を弦に当てることです。

フィンガーストローク 人差し指ダウン

ダウンストロークのときは、簡単に爪が弦に当たりますが、アップストロークでは少しコツが必要です。

フィンガーストローク 人差し指アップ

アップストロークのときは、厳密に爪だけを弦に当てようとすると、爪が弦にひっかかるので、指がスムーズに動かなくなります。

アップストロークのときは、第一関節を少し伸ばし、爪を弦に当てる前に指の先端をわずかに弦に触れるようにすると、指がスムーズに動きます。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

・ダウンストロークとアップストロークを別の指で弾く

ダウンストロークとアップストロークを別の指で弾くときは、必ず親指も使います。

ダウンストロークは人差し指・中指・薬指のどれか1本、または複数の指を使います。

フィンガーストローク 人差し指ダウン

アップストロークは、親指を使います。

フィンガーストローク 親指アップ

この弾き方のポイントは、ダウンストロークとアップストロークの両方で、爪を弦に当てることです。

親指と人差し指でやるときのコツは、指の形をピックを持つときと同じようにすることです。詳しくは、次の動画で確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

フィンガーストロークの演奏動画

フィンガーストロークとアルペジオを使った演奏動画を見て、やり方を確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

→【完全無料】ギターの基礎を固め、飛躍的に上達するための動画レッスン!全15回・5時間18分におよぶレッスンをプレゼント

フィンガーストロークのメリット・デメリット

ピックを使わずに指でストロークをするフィンガーストロークには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

それぞれ解説します。

フィンガーストロークのメリット

フィンガーストロークをすることのメリットは、4つあります。

  • 音色を使い分けられる
  • アルペジオとストロークの両方ができる
  • ソロギター演奏の表現力が増す
  • ピックを落とす心配がない

それぞれ解説します。

・音色を使い分けられる

フィンガーストロークは、指の肉で弾くとマイルドで温かみのある音色になり、爪で弾けばシャリッとシャープな音色になります。

マイルドな音色とシャープな音色を瞬時に使い分けられるのが、フィンガーストロークのメリットです。

・アルペジオとストロークの両方ができる

フィンガーストロークは、アルペジオとストローク、両方の弾き方ができます。

弾き語りなどでは、Aメロ・Bメロはアルペジオで優しく、サビはストロークで激しく演奏することができます。

このように、アルペジオとストロークを1曲の中で弾き分けられることも、フィンガーストロークのメリットです。

・ソロギター演奏の表現力が増す

フィンガーストロークができれば、ソロギター演奏の表現力が増します。

ソロギターとは、メロディーと伴奏を一緒に演奏するギターの奏法です。

ソロギター演奏で様々な味付けができることも、フィンガーストロークのメリットです。

・ピックを落とす心配がない

フィンガーストロークでは、ピックを持たずにストロークをするので、ピックを落とす心配がありません。

ピックを使って演奏している最中にピックを落としてしまっても、フィンガーストロークができれば即座に対応できます。

このように、フィンガーストロークはピックを落とす心配がなく、ピックを落としてもリカバーができるということもメリットとして挙げられます。

フィンガーストロークのデメリット

フィンガーストロークをすることのデメリットは、3つあります。

  • ピック弾きの音色が出せない
  • ボリュームを出しづらい
  • 爪が削れたり割れたりする

それぞれ解説します。

・ピック弾きの音色が出せない

フィンガーストロークでは、ピック弾きのようなクリアな音色は出せません。

指を使って弦をはじくからです。

爪で弦をはじけばピックと同じような音色は出せますが、やはりピックよりは透明度が劣ります。

このように、ピックを使って弾くときのような音色が出せないことが、フィンガーストロークのデメリットとして挙げられます。

・ボリュームを出しづらい

フィンガーストロークでは、ピック弾きのようなボリュームを出すことが難しいです。

弾き方によっては、かなり大きな音も出せますが、爪の強度がピックよりも弱いために、リスクがあります。

このように、ボリュームを大きくすることが難しいことも、フィンガーストロークのデメリットとして挙げられます。

・爪が削れたり割れたりする

爪を使って弦をはじくフィンガーストロークでは、長時間弾くと爪が削れて短くなります。最悪の場合、爪が割れることもあります。

特定の指の爪だけが短くなると、アルペジオが弾きづらくなります。

また、爪が割れた状態では、フィンガーストロークだけでなくアルペジオもできません。爪の割れを修復するために、爪を切ったりヤスリをかけたりすれば、爪が短くなってしまいます。

このように、爪が削れたり割れたりすることも、フィンガーストロークのデメリットとして挙げられます。

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

まとめ:ギターの指弾きストローク!フィンガーストロークのやり方

ここまで、フィンガーストロークのやり方と、そのメリット・デメリットについて解説してきました。

フィンガーストロークのやり方
 マイルドな音色のフィンガーストローク
 シャープな音色のフィンガーストローク
  ・ダウンストロークとアップストロークを同じ指で弾く
  ・ダウンストロークとアップストロークを別の指で弾く

フィンガーストロークの演奏動画

フィンガーストロークのメリット・デメリット
 フィンガーストロークのメリット
  ・音色を使い分けられる
  ・アルペジオとストロークの両方ができる
  ・ソロギター演奏の表現力が増す
  ・ピックを落とす心配がない
 フィンガーストロークのデメリット
  ・ピック弾きの音色が出せない
  ・ボリュームを出しづらい
  ・爪が削れたり割れたりする

フィンガーストロークができるようになると演奏の幅が大きく広がります。

メリットとデメリットを理解した上で、効果的にあなたの演奏に取り入れてみてください。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

11-lessons.jpg

ソロギターで使えるテクニック8選

関連記事

ギターのストローク!引っかからないためのコツと練習方法[動画あり]

ギター指弾きアルペジオ&スリーフィンガー!基本パターンを解説

ギターで初めての指弾きアルペジオ!弾き方と基本パターン[動画あり]

アルペジオにおけるローコードでのコードチェンジのコツ[動画あり]

ギター弦の種類!太さ硬さと材質[アコギ/エレキ/クラギ]