ギターのDコードは難しい?正しい押さえ方と弾き方のコツ[動画あり]

Pocket

ギターのDコード アイキャッチ画像

「ギターのDコード、なかなかキレイな音が出ない!」

そんな悩みを持っている初心者の方に、Dコードの正しい押さえ方と弾き方のコツを解説します。

ぜひ最後までお読みください。

→【完全無料】ギターの選び方から『弾き語り』ができるまで!一般には公開していない全15回・5時間18分の動画レッスンをプレゼント

Dコードの音がキレイに出ない原因

Dコードの音がキレイに出ない原因は2つあります。

  • 押さえている指が他の弦に当たっている
  • フレットから離れたところを押さえている

この原因を取り除けば、キレイな音が出るようになります。

ひとつずつ解説していきます。

押さえている指が他の弦に当たっている

Dコードは、3本の指が一カ所にクシャッと固まっているので、押さえている指が他の弦に当たってしまい、キレイな音が出ないことがあります。

ギターのDコード コードダイアグラムと写真

他の弦に当たっている指は、人差し指か薬指です。

弦を押さえている指が寝ていると、人差し指が4弦に当たったり、薬指が1弦または3弦に当たったりします。

ギターのDコード 指が他の弦に当たる

人差し指や薬指が他の弦に当たらないようにするためには、全ての指の第一関節をしっかり曲げることが大切です。

そのためには、左手の手のひらを上に向け、ジャンケンのグーの形でネックを握るようにします。

ジャンケンのパーの形でネックを握ると、指が寝てしまうので、他の弦に指が当たってしまいます。

第一関節が曲がれば指板に対して指が立つので、人差し指や薬指が他の弦に当たらなくなります。

また、親指の位置にも注目してください。親指はネックの後ろ側ではなく、ネックを上から包むように握ります。

親指の位置を変えることで、他の指の第一関節が曲がりやすくなります。

フレットから離れたところを押さえている

他の弦に指が触れていないのにキレイな音が出ない場合は、押さえる位置に問題があります。

フレットから離れた位置を押さえていると、音がビビってしまうのです。

コードを押さえるときは、できるだけフレットに近い位置に指を置くと、弱い力でも音がビビらなくなります。

Dコードの場合は、中指をフレットの近くに置くように意識します。

人差し指をフレットの近くにしようとすると、中指が3フレットに入ってしまいます。

そうならないようにするために、中指を基準に押さえる位置の調整をします。

中指がフレットの近くになれば、人差し指や薬指も適切な位置になります。

→【完全無料】ギターの選び方から『弾き語り』ができるまで!一般には公開していない全15回・5時間18分の動画レッスンをプレゼント

Dコードの正しい押さえ方

Dコードという和音の構成音は「レ・ファ♯・ラ」です。この3つの音が鳴れば、Dコードは成立します。

ギターのDコード 構成音

6弦ミュートについて

Dコードは、親指で6弦をミュートします。

なぜならば、ギターの6弦はDの構成音ではない「ミ」だからです。

この音が出ると、Dコードとは違う和音になってしまいます。

そのため、ストローク演奏などでは、親指でミュートをしておく必要があります。

(下に動画あり)

5弦ミュートについて

Dコードは、5弦をミュートする必要はありません。

なぜならば、5弦は「ラ」の音で、Dコードの構成音だからです。

したがって、5弦の音が出てしまってもあまり問題は起こりません。

ところが、コードダイアグラムでは「×」または「△」がついています。

これは、Dコードのベース音である「レ」を最も低い音にした方が、和音が心地よく響くということが理由です。

ストローク演奏などでは、5弦の「ラ」の音が出てもほとんどわかりません。逆に、音に厚みが出るので良いこともあります。

アルペジオ演奏では、4弦から弾き始めればいいので、5弦をミュートしていなくても大丈夫です。

つまり、Dコードは6弦だけをミュートすればいいと考えることができます。

手が小さい人は親指で5弦までミュートするのは大変ですが、6弦だけミュートすればいいと思えば気が楽になりますね。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

6弦・5弦のミュートのやり方とサウンドの違い、ミュート無しのアルペジオ演奏を動画で確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

ドロップDチューニング

6弦をミュートしなくてもDコードを弾く方法があります。

「ドロップDチューニング」をすればいいのです。

ギターのDコード ドロップDチューニング

「ドロップDチューニング」とは、6弦だけを1音下げたチューニングのことです。

すると6弦は「レ」の音になります。「レ」はDのベース音なので、6弦の音を鳴らしても完全なDコードになります。

6弦にベース音があるので、太く厚みのあるサウンドを得ることができます。

とてもいいように思える「ドロップDチューニング」ですが、困ることがあります。それは、6弦にベース音があるEやF、Gコードの押さえ方が、変わってしまうということです。

せっかく覚えたコードなのに、押さえ方を変えるのは大変です。

したがって、コードを色々覚えている最中のギター初心者は、「ドロップDチューニング」はやらない方がいいでしょう。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

「ドロップDチューニング」のやり方とサウンドを動画で確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

→【完全無料】ギターの選び方から『弾き語り』ができるまで!一般には公開していない全15回・5時間18分の動画レッスンをプレゼント

Dコードを使ったフレーズ

Dコードは、1番高い音が出る1弦に、メジャーやマイナーを決定する音があります。

そのため、比較的簡単に色々なフレーズを演奏することができます。

たとえば、下のコードを弾いてみましょう。

ギターのDコード フレーズ

これだけで、心地よいフレーズになりますね。

その他、ハンマリングとプリングを使って色々なフレーズができます。

Dコードの音がキレイに出るようになったら、挑戦してみましょう。

Dコードを使ったフレーズを動画で確認してください。

動画を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。

→【完全無料】ギターの選び方から『弾き語り』ができるまで!一般には公開していない全15回・5時間18分の動画レッスンをプレゼント

まとめ:ギターのDコードは難しい?正しい押さえ方と弾き方のコツ

ここまで、Dコードの正しい押さえ方と弾き方のコツを解説してきました。

Dコードの音がキレイに出ない原因
 押さえている指が他の弦に当たっている
 フレットから離れたところを押さえている

Dコードの正しい押さえ方
 6弦ミュートについて
 5弦ミュートについて
 ドロップDチューニング

Dコードを使ったフレーズ

Dコードは初めは押さえづらいかも知れませんが、コツをつかめば必ずキレイな音が出るようになります。

また、Dコードは色々なフレーズを簡単に弾くことができるので、ぜひ挑戦してみてください。

→【完全無料】ギターの選び方から『弾き語り』ができるまで!一般には公開していない全15回・5時間18分の動画レッスンをプレゼント

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

無料動画レッスン

関連記事

ギターのCコードが押さえられない!音が出る押さえ方のコツ

ギターでGコード!色々な押さえ方で届かないを解消

ギター初心者でもFコードで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ギター初心者でもBmで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ギターコードの押さえ方5つのコツ!これで初心者の悩み解消