ギターのCコードが押さえられない!音が出る押さえ方のコツ

Pocket

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

ギターを始めたら最初に出てくるのは【Cコード】ですね。

しかし、「難しくて押さえられない!」「キレイな音が出ない!」と悩むギター初心者の方が多くいます。

そこでこの記事では、Cコードの音が出ない原因と対処法、押さえ方のコツを解説します。

このコツを知って練習することで、Cコードの音が正しく出るようになります。

どうぞ最後までお読みください。

Cコードの押さえ方

Cコードは、3本の指で押さえます。

  • 人差し指:2弦1フレット
  • 中指:4弦2フレット
  • 薬指:5弦3フレット

「○」印の1弦と3弦は押さえず、開放音を鳴らします。

「×」印の6弦は音を出しません。このことについては、後ほど解説します。

ここでは、Cコードは人差し指・中指・薬指の3本の指で押さえることを確認してください。

正しく音が出ない原因と対処法

Cコードの音が正しく出ない原因は4つあります。

  • ギターを正しく構えていない
  • 弦を指先で押さえていない
  • 弦を押さえる場所が悪い
  • 左手の指の爪が長い

それぞれの対処法を解説します。

ギターを正しく構えていない

ギターの構え方が悪いために、Cコードの音が出ないことがあります。

なぜならば、ギターの構え方が悪いと、左手の動きが制限されたり、コードを押さえるのに余分な力が必要になったりするからです。

正しくギターを構えるためには、次の3点に注意します。

  • ネックを前に出して構える
  • ヘッドを少し上げて構える
  • ギターを上向きにしない

それぞれ解説します。

ネックを前に出して構える

ギターは、ネックを少し前に出すのが正しい構え方です。

Cコードが押さえられない ギターの正しい構え方

このように構えると、左手が自由に動くようになります。

また、緑色の矢印のように、弦に加える力の方向も良くなります。

Cコードが押さえられない 悪いギターの構え方

上のイラストのように、ネックを手前に引いて構えると、左手が自由に動かなくなります。

また、赤色の矢印のように、弦を押さえる力の方向が悪くなります。

こうならないために、ギターはネックを前に出して構えるようにしましょう。

・ヘッドを少し上げて構える

ギターは、ヘッドを少し上げるのが正しい構え方です。

Cコードが押さえられない ギターの構え方 ヘッドを上げる

このように構えると、左手が自由に動くようになります。

Cコードが押さえられない ギターの構え方 ヘッドを下げる

上のイラストのようにギターのヘッドを下げると、左手が遠くなるので、コードを押さえづらくなります。

左手の動きを良くするために、ギターはヘッドを少し上げて構えるようにしましょう。

・ギターを上向きにしない

ギターは、上向きにしないのが正しい構え方です。

なぜならば、ギターを上向きに構えると、左手首の角度がきつくなりコードを押さえづらくなるからです。

Cコードが押さえられない ギターの構え方 上向きにしない

コードの押さえ方が正しいかどうかを確認するために、ついついギターを上向きにしてしまいますが、音を出すときは正しい構え方に戻しましょう。

弦を指先で押さえていない

Cコードは、指の第一関節を曲げて、指先で押さえるようにします。

第一関節が伸びると、指が寝てしまいます。指が寝ていると、隣の弦に触れてしまいます。指が触れている弦は、キレイな音が出ません。

Cコードが押さえられない 指を立てる

上の左写真では、第一関節を曲げて、指先で弦を押さえています。これが正しい押さえ方です。

右の写真のように、第一関節が伸びていると、×印のところで指の腹が隣の弦に当たるので、キレイな音が出ません。

Cコードが押さえられない 指先で押さえる

コードを押さえた後の指先を見ると、正しい押さえ方のときは指先に弦の跡がついています。指の腹に弦の跡がついている場合は、正しい押さえ方ではありません。

このように、Cコードは各指の第一関節を曲げ、指先で弦を押さえるようにしましょう。

弦を押さえる場所が悪い

Cコードに限らず、コードを押さえるときの左指は、フレットの近くに置くのが基本です。また、力はギターのボディ方向に向けます。

Cコードが押さえられない フレットの近くを押さえる

下のイラストを見てください。ギターを構えたときに、ネックを上から見た様子です。

Cコードが押さえられない ネックのイラスト

コードを押さえるとき、左手の指はフレットとフレットの間に置きます。

下のイラストのように、フレットから遠いところを押さえると、キレイな音を出すために強い力が必要になります。

Cコードが押さえられない 押さえる場所 ネックの中央

下のイラストのように、フレットの近くで、緑色の矢印の方向に力を加えると、小さい力でもキレイな音が出ます。

Cコードが押さえられない 押さえる場所 フレットの近く

Cコードを押さえる各指を、フレットの近くに置くように心がけましょう。

ギターを正しく構えていれば、自然と緑色の矢印の方向に力が加わるようになります。

そうすると、最小限の力でキレイな音が出ます。

左手の指の爪が長い

ギターを弾くときは、左手の指の爪は短く切っておきましょう。

Cコードは指先で押さえるので、爪が長いと爪が指板に当たってしまいます。すると、弦に力が加わらなくなり、キレイな音が出なくなります。

Cコードが押さえられない 爪を短く切る

また、爪が指板に当たると、指板が削れてしまいます。

Cコードが押さえられない 爪で削れた指板

こうならないために、ギターを弾くときは、左手の指の爪は短く切っておきましょう。

親指の位置を変える対処法

これまでのことを実践してもなお、Cコードの音がキレイに出ないときは、左手の親指の位置を変えてみましょう。

下の写真を見てください。左右どちらの写真もCコードを押さえています。

ギターコードの押さえ方5つのコツ 親指1

 親指をネックの上まで出して、ネックを包み込むように握っています。

 これが、Cコードを押さえるときの基本的なネックの握り方です。

 親指をネックの裏側に置き、ネックをはさむように握っています。

 このようにネックを握った方が、指先が立ちやすくなる人もいます。

親指の位置によって、弦を押さえる感覚が変わります。いろいろ試して、自分に合った親指の位置をみつけましょう。

6弦ミュートのやり方

Cコードは、6弦の音を出しません。

そのために、親指で6弦に軽く触れて音が出ないようにします。これを「ミュート」といいます。

6弦をミュートするためには、ネックを包み込むように握らなければなりません。

しかし、このようにネックを握ると、指先を立てることが難しくなる人がいます。また、手が小さいために、親指が届かない人もいます。

そういう場合は、6弦のミュートはやらなくても大丈夫です。

なぜならば、6弦の開放音「ミ」の音は、Cコードの構成音「ド・ミ・ソ」に含まれるため、音が出ても違和感はないからです。

Cコードの音がキレイに出ないときは、6弦をミュートすることよりも、1〜5弦の音をキレイに出すことに意識を向けるようにしましょう。

まとめ:ギターのCコードが押さえられない!音が出る押さえ方のコツ

ここまで、Cコードの音が出ない原因と対処法、押さえ方のコツを解説してきました。

Cコードの押さえ方
正しく音が出ない原因と対処法
 ギターを正しく構えていない
 弦を指先で押さえていない
 弦を押さえる場所が悪い
 左手の指の爪が長い
親指の位置を変える対処法
6弦ミュートのやり方

ここで解説したことを踏まえて練習すれば、Cコードの音が正しくキレイに出るようになります。

ぜひ諦めずにがんばってください。応援しています。

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ギターコードの押さえ方5つのコツ!これで初心者の悩み解消

ギター初心者でもFコードで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ギター初心者でもBmで挫折しない!克服法と押さえ方のコツ

ギターでGコード!色々な押さえ方で届かないを解消

ギターのDコードは難しい?正しい押さえ方と弾き方のコツ[動画あり]


ミドルシニアのギターサークル ▼ K on Pickでは、無料のギターレッスンを行っています。

レッスンの教材は、あなたが弾きたい曲の【専用楽譜】と【模範演奏動画】です。

他にはない画期的なレッスンを受けてみませんか?

詳しくはコチラ↓

▼ K on Pick ギター塾 無料体験レッスン受付中

特別レッスン一覧

【あなた専用の楽譜と模範演奏動画】▼ K on Pick ギター塾

【超初心者が弾き語り】約1ヶ月間の無料動画レッスン

【悪いクセがつく前に】全11回ギター上達のコツ無料動画レッスン

【カノンで学ぶギタテク8選】無料動画レッスン

【ソロギターのテクニック8選】無料動画レッスン