12弦ギター!サウンドの秘密を弦とチューニングと弾き方で解説

Pocket

12弦ギター アイキャッチ画像

名曲として知られるイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」(1976年)は、始めの1音だけで歓声が上がるほど12弦ギターの音色が印象的です。

また、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」(1971年)では、12弦ギターのエキゾチックでもの悲しい音色に魅了されます。

しかし、私は、これらの曲が12弦ギターで演奏されることを知ったのは、かなり時間が経ってからのことでした。当時は2台のギターを重ねていると思っていました。

なぜ12弦ギターはこれほどまでに感動的なサウンドを生み出すのでしょうか?

そこでこの記事では、12弦ギターの弦とチューニング、そして弾き方に焦点を当て、そのサウンドの奥深さを徹底的に解説します。

12弦ギターのサウンドは、奥深く魅力的です。

そのサウンドの秘密を解き明かし、自分の演奏に新たな可能性を見出してみてください。

→【完全無料】ギターの基礎を固め、飛躍的に上達するための動画レッスン!全15回・5時間18分におよぶレッスンをプレゼント

12弦ギターの弦とチューニング

12弦ギターは、2本の弦がセットになっていて、これをコースといい、全6コースあります。

各コースの太い方の弦を主弦、細い方の弦を副弦といいます。ただし、1・2コースは同じ太さの弦が張られています。

チューニングは、6弦ギターと同じで、1コースから順に[E-B-G-D-A-E]です。

12弦ギター チューニング

ユニゾン:同じ高さの音

12弦ギター 主弦 副弦

→【ギターを始めたい人】ギターの選び方から「弾き語り」のやり方までを解説した約1ヶ月間の無料動画レッスンをプレゼント中!

12弦ギターの弾き方とサウンド

12弦ギター ヘッド

12弦ギターは、6弦ギターと同じチューニングのため、6弦ギターと同じように弾くことができます。

ところが、6弦ギターと同じように弾くだけなのに、圧倒的な「音の厚みと広がり」があります。

その理由は、2つあります。

  • 出る音の数が6弦ギターの2倍である
  • 6弦ギターより1オクターブ高い音が出る

12弦ギターは6弦ギターと比べると、出る音の数が2倍です。弦が12本あるからです。

そのため、6〜1弦をストロークすれば、12個の音が出ます。

単音弾きでも、2つの音が出ます。3〜6コースは1オクターブ違いの2音、1・2コースはユニゾンの2音です。

つまり、12弦ギターは、6弦ギターと同じように弾いても、複数の違う音が出てくるので、サウンドに厚みや広がりが感じられるのです。

特に、ダウンピッキングをしたときは、1オクターブ高い音が先に出るので、きらびやかな音色になります。(例外あり)

12弦ギターを弾いた後に6弦ギターを弾くと、痩せた弱々しい音に感じられるので、つまらなくなることさえあります。

サウンドの厚みと広がりが圧倒的なギター、それが12弦ギターなのです。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

それでは次に、12弦ギターのサウンドを聞いてください。

開放弦のサウンド

まずは、12弦ギターの6コースから1コースまで順に弾いた音です。

1オクターブ高い音の方が先に聞こえてくるのがわかると思います。

2コースと1コースはユニゾン(同じ音の高さ)なので、1オクターブ上の音はありません。

12弦ギター 開放弦

音源を再生するとスピーカーから音が出るので、ボリュームに注意してください。(以下同様)

ドレミのサウンド(5コース〜2コース)

12弦ギターで下の指板図のように「ドレミファソラシド」を弾くと、最後の2音「シド」のところで、1オクターブ高い音がなくなります。

12弦ギター 指板図1

ドレミのサウンド(5コース〜3コース)

下の指板図のように弾くと、「ドレミファソラシド」の最後の2音「シド」でも、1オクターブ高い音が重なります。

12弦ギター 指板図2

コードのサウンド

最後に、コードの響きを聞いてください。

Em9のコードですが、下の指板図のように押さえています。

12弦ギター 指板図3

→【約1ヶ月間の無料動画レッスン】まだギターを持ったことがないあなたでも、このレッスンを受ければ上達を目指せます!

12弦ギターのデメリット

12弦ギターのサウンドは素晴らしいのですが、良いことばかりではありません。

たとえば、次のようなデメリットが挙げられます。

  • 12本の弦をチューニングするのに苦労する
  • 12本の弦を交換するのがとても面倒
  • チョーキングなどの奏法がやりづらい
  • 指弾きはやりづらいのでピックを使った演奏テクニックが必要
  • 頑丈にできているので重く、運搬するのが大変
  • ヘッドが大きいので6弦ギター用のケースに入らないことがある
  • 価格が6弦ギターよりも高額

このようなデメリットがあっても、12弦ギターのサウンドには特別な価値があります。

ここぞというときに使えば、6弦ギターでは表現できない世界観をつくることができるのではないでしょうか。

→【初心者】基礎を固めて飛躍的に上達するための全11回無料動画レッスン「ギター上達のコツ」を公開中!

例外的な12弦ギター

主弦と副弦の位置ですが、通常タイプの12弦ギターでは、1オクターブ高い副弦が上側(6コース側)についています。

ところが、この主弦と副弦の位置が逆になっているギターがあります。

リッケンバッカーというメーカーが作っている12弦ギターです。

リッケンバッカーの12弦ギターは、ヘッドの部分が他のメーカーと大きく違っています。

クラシックギターのようにスロットヘッド(ヘッドに空けた穴に弦を通す構造)があり、副弦はここに通します。

そのため、一般的な12弦ギターと違って、主弦の下(1コース側)に副弦が張られています。

<リッケンバッカーModel330 のボディ形状>

12弦ギター リッケンバッカー1

<リッケンバッカーの12弦ギター>

12弦ギター リッケンバッカー2

<リッケンバッカー 12弦ギター(左利き用)のヘッド>

12弦ギター リッケンバッカー3

→【初心者】上達を遅らせる悪いクセがつく前に「ギター上達のコツ」全11回の無料動画レッスンを受けませんか?

まとめ:12弦ギターのサウンド!弦とチューニングと弾き方でチェック

12弦ギター ヘッド2

ここまで、12弦ギターに使われている弦やチューニングの方法、弾き方について解説してきました。

  • 12弦ギターの弦とチューニング
  • 12弦ギターの弾き方とサウンド
  • 12弦ギターのデメリット
  • 例外的な12弦ギター

圧倒的な存在感がある12弦ギターを、ぜひあなたの演奏に取り入れてみてはどうでしょうか。

きっと魅力的なサウンドを創り上げることができますよ。

→【完全無料】ギターの基礎を固め、飛躍的に上達するための動画レッスン!全15回・5時間18分におよぶレッスンをプレゼント

この記事があなたの一助になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

11-lessons.jpg

ソロギターで使えるテクニック8選

関連記事

キラキラのナッシュビルチューニング!弦と弾き方と注意点[動画あり]

ギターで美しい響きの変則チューニング!種類とやり方[動画あり]

ギターの弦は毎回緩める?両論の根拠と45年以上の経験談

社会人からギターを始める!効率的に練習時間をつくる方法

クリップ型チューナーでチューニング!方法とCGBVU等の注意点